不動産投資はまとまったお金がないとできない?

わたしにも出来る!?不動産投資!

不動産の種類

このコラムをシェアする

マンション一室

主に新築マンションは、特に首都圏で評価が高く、割合の大きな融資も可能だそうです。
ローンを組んで購入しても、空室にならなければ、家賃でローンを返済できるため、さまざまなメリットがあるようです。

ワンルームマンションは、前述したとおり、需要が伸びつつあり(世間では人口減少が大きな問題として叫ばれていますが)特定の都道府県では、他県からの人口流入が増えているとのことです。

ファミリーマンションの場合は、ワンルームに比べて、購入価格が高いですが、それに比例して家賃も高くなるというわけではないようです。
ファミリーマンションの場合、管理費・修繕費が多額になることも多く、当初予定していた収支が逆転してしまうこともあるようです。

マンション1棟

マンション一室の投資のほかに、マンション一棟をすべて購入し、経営する方や、戸建て住宅を購入して、家族向けに賃貸するという方もいらっしゃいます。
ただ、マンション一棟まるまる買うとなると、初期の投資額も高額になり、修繕費等もマンション一棟分すべてかかってくるため、とても高額になります。
マンション一棟の場合は、部屋数がいくつもあるので、空室になっても家賃が全く入らない、などのリスクは分散できますが、いざ売却したいと考えても価格が高いので、なかなか買い手が見つからない、ということも起こってくるようです。
一戸建ての場合は、マンション等と違って、木造の一戸建てが多いため、管理費やメンテナンス費用がかかるといったデメリットがあるとも聞きます。
マンション一棟や戸建ての不動産投資は、豊富な資産や、経験、知識のない方にとっては、リスクも大きくなると言ってもいいでしょう。