不動産投資はまとまったお金がないとできない?

わたしにも出来る!?不動産投資!

不動産投資ってたまに耳にしますよね?

このコラムをシェアする

ローンが借りれる!

自分の家やマンションを購入する場合、ローンを組むことが多いですよね?
同様に、不動産投資のための物件でもローンを借りることが出来るそうです。株やFXの場合は、資金を銀行から借りるわけにはいかないそうです。
一般的にローンを組む際、頭金は物件価格の2割から3割準備していれば大丈夫だそうです。
1500万円の物件ですと、300万円から450万円、3000万円の物件ですと、600万円から900万円くらいですね…。
頭金なしでも、フルローンといって、銀行がすべて貸してくれるタイプのものもあるそうですが、すべてローンとなると、月々の返済額も増えるし、また、銀行から信用を得るのも少し大変なようです。フルローンですと、実質利益が低くなる傾向にあるようです。
でも、手持ち資金300万円でも不動産投資が出来るとは、驚きですね!

レバレッジ効果がある!

「レバレッジ」効果とは、てこの原理のように、借りたお金で購入した物件を通して、利益を生み出すことだそうです。
現在、日本では、金利が低く、銀行でもフルローンや90パーセント融資をしてくれることも可能だそうで、それは、他の国々では見られない現象だそうです。

でも、ある程度は資金は準備しておいたほうが良いようです。
とすると、その頭金は、どうすると貯めることが出来るのでしょうか。

お給料が毎月決まった額入るサラリーマンにとっては、積立貯金をすることがおすすめだそうです。初めに一定額を積み立てておき、その残額で生活するようにすれば、多少キツくともやりくりするはずです。
銀行のほうも、たとえ年収が少なくとも、コツコツと積み立て貯金をしてお金を貯めた人のほうを堅実と評価し、融資もしてもらえやすくなるそうです。